製菓衛生師免許の申請をしてきました!

製菓衛生師への道

無事に製菓衛生師試験に合格したよ!

これで製菓衛生師を名乗っていいのかな?

試験合格おめでとう!

ただ、試験に合格しただけでは製菓衛生師の免許を取得したことにはならないんだ。

免許申請の手続きをする必要があるよ。

そういえば合格通知と一緒に書類がいろいろ入ってたな…

それじゃあ免許申請をしに行こう!

今回、愛知県の令和4年製菓衛生師資格試験に合格したため、免許申請をしてきました。
その時の流れについて記録しておきます。
他の都道府県主催の試験の場合は異なることがありますので、参考程度にご覧いただき、実際の手続きについては各自治体HP等で確認してください。

▼愛知県瀬戸市のこだわりコーヒー豆・
初めてはお試しセットがおすすめ▼

製菓衛生師免許の申請に必要なもの

免許の申請には以下のものが必要です。

1.製菓衛生師免許申請書
2.医師の診断書
3.合格証明書
4.本籍地の記載のある住民票、戸籍謄本、戸籍抄本のうちいずれか一つ
5.免許申請手数料

それぞれ準備していこう!

製菓衛生師免許申請書

製菓衛生師免許申請書は、合格通知とともに送付されてきました。
失くしてしまった場合は、各自治体のHPからダウンロード、印刷できることが多いです。
(それもない場合は保健所にお問い合わせください)

氏名、生年月日、住所、本籍地などの個人情報や、試験の合格年月、都道府県名、合格番号、そして免許を取り消されたことの有無、卒業した製菓衛生師養成施設名を記入しました。

もし本籍地の地名が曖昧だったら先に住民票を請求しに行ったほうがいいかもね!

また、以下の点に注意する必要があります。

住所は住民票通りか
試験の合格年月は試験月ではなく、合格証明書の発行年月
合格番号は合格証明書に記載された番号

医師の診断書

免許の申請には、麻薬、あへん、大麻又は覚せい剤の中毒者ではない旨の医師の診断書が必要です。

これについては、受診歴のある近所の内科に行って書いてもらってきました。

とりあえず様式を持って受付の人に一度相談してから、予約を取って行ったよ!

診察内容については医師によって異なるかもしれませんが、私の場合は簡単な問診(極端に落ち込んだりしないか、様子がおかしいと家族に言われたことはないか、など)と、念のため腕に注射跡がないか見られました。

診断書料は保険適用がないので5000円近く掛かりました…。
お金はそれなりに持って行ったほうが良さそうです。

また、愛知県の申請では、診断書の期限は3か月とのことでした。

合格証明書

合格証明書は送付されてきた書類をそのまま提出しました。
記念でコピーが欲しい人は事前にしておくと良いかもしれません。

本籍地の記載のある住民票、戸籍謄本、戸籍抄本のうちいずれか一つ

これは市役所で請求しました。
ポイントは、本籍地の記載があり、マイナンバーの記載のない書類であるということです。

また、愛知県の申請では書類の有効期限は6か月とのことでした。

免許申請手数料

手数料の支払い方法は、主催の自治体により異なるようです。

愛知県では、愛知県証紙という収入証紙を事前に購入して申請書に添付する必要があります。
愛知県証紙は県や市の施設で販売していますが、場所によっては金額の種類が少ないことがありますので、大きい金額の時は大きめの施設に行くと良さそうです。
(前にショッピング施設に入っている販売所に電話をしたらあまり種類がなく、金額をそろえるのにすごい枚数になりそうだったので、結局市役所に行きました。)

ちなみに、免許申請手数料の支払いは東京都では現金、関西広域連合では納入通知書による銀行振込となっています。

これで提出物の準備が完了!

免許申請しに行くよ!

免許申請書類の提出

受付場所は県の保健医療局、または県内の保健所となっていたため、市内の保健所に提出してきました。
該当の部署まで行き、「製菓衛生師の免許申請をしに来ました」と告げると担当の方が出てきて要領?を見ながら書類の確認をしてくれました。
ひとまず不備はなさそうでしたが、不備があったときのために連絡先電話番号を聞かれました。

また、免許証の交付には1週間程度かかるとのことで、1週間後の日付が記載された引換券のような書類をもらいました。
受け取り期限は記載された日付から2か月間とのことです。

これで無事受領されれば手続き完了!

一週間後が楽しみだね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました