食品衛生責任者になるには?(お菓子を販売するために)

製菓衛生師への道

菓子製造業(ケーキ屋、焼き菓子屋)を始めるためには、営業許可とあわせて食品衛生責任者の資格を取ることが必要です。

ここでは、食品衛生責任者になる方法についてまとめていきます。

食品衛生責任者とは?

食品衛生責任者は、食品関連施設で営業許可施設ごとに置くことが義務付けられています。

資格というよりは、施設ごとに任命される役割のことを指します。

現場の責任者として食品関連法令を遵守し、業務全般や施設の衛生管理のほか、スタッフの衛生教育など安全な食品を提供するために活動します。

食品衛生責任者になるには

食品衛生責任者になるには、以下のいずれかの条件を満たす必要があります。

1.養成講習会への参加

食品衛生師責任者養成講習会は、都道府県や中核市等の食品衛生協会主催で開催されます。

講習概要の一例は以下のとおりになります。

講習時間 :6時間
講習内容 :衛生法規、公衆衛生学、食品衛生学
確認試験 :講義の理解度及び知識の定着度を確認するための試験
受講料  :6,000円(教材費・責任者表示板代を含む)

試験の有無や受講料については地域により異なるので、詳細については受講予定の保健所まで問い合わせてください。

受講後は、「修了証」が発行されます。

この修了証は開業の手続きの際に提示した後、店舗の見えるところに掲示する必要があります。

2.知識を兼ねた他の資格の取得

以下のいずれかの資格を取得している場合は、食品衛生責任者となることができます。

・調理師
・栄養士
・製菓衛生師
・と畜場法に規定する衛生管理責任者
・と畜場法に規定する作業衛生責任者
・食鳥処理衛生管理者
・船舶料理士
・食品衛生管理者、もしくは食品衛生監視員となることができる資格を有する者

もしこれから店舗を開業したい!という方も、開業前に調理師や製菓衛生師を取得する予定であれば、食品衛生責任者養成講習会を受ける必要はありません。

なお、製菓衛生師の取得方法についてはこちらの記事にまとめています。


ここでは、食品衛生責任者になる方法について簡単にご紹介しました。

詳細については、各地域の食品衛生協会HPから確認・お問い合わせください。

衛生管理についてしっかり身に付けよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました